select2016/01/28

気になる最新記事 おすすめセレクト

2016年 春夏ファッション ランジェリースタイルが大流行!

気に入って買ったはいいけど、着る機会がなくてクローゼットに眠ったまま。そんなキャミソールやスリップはありませんか?ランジェリーが大好きで、綺麗なランジェリーを見るとつい衝動買いしてしまう。そんなランジェリー好きの女性たちにとって、この春流行の「ランジェリースタイル」は見逃せないトレンド。自慢のランジェリーを堂々とお披露目できる絶好のチャンスです!もはやランジェリーは「隠す」から「見せる」時代へ。今年は最愛のランジェリーをファッションに取り入れて、最旬ランジェリースタイルを楽しみましょう!

女性らしさを表現するランジェリースタイル

2016年春夏コレクションで最新トレンドとして高い注目を集めたランジェリースタイル。ランジェリーを下着ではなくアウターとして着こなす新しいファッションスタイルのことで、最近はファッション雑誌などでコーディネート例がたくさん紹介されています。透けるレースや揺れるシフォンのランジェリーを一枚で着たり、ブラジャーをアウターに重ねたり、今季のランジェリーはもはや脇役ではなく主役。これまでにも、ランジェリーをアウターからチラ見せさせたりビスチェをTシャツの上に着たりするランジェリーファッションが流行したことはありましたが、あくまでもランジェリーはファッションの一部でしかありませんでした。今年はランジェリーが主役ですから、ランジェリーの存在感が大きいほど魅力的なファッションになります。

近年、ジェンダーレスが加速し性別の境目がますます曖昧になってきました。ファッション業界ではいかにして「女性らしさ」を表現するかがデザイナーの命題になってきているとも言われており、今季は多くのブランドがコレクションでランジェリーを採用。ファッション雑誌の『エル・ジャポン』(1月号)や『フィガロ・ジャポン』(3月号)でも、ランジェリースタイルは2016年の注目ファッションとして大きくフィーチャーされました。

例えば、GIVENCHY(ジバンシー)は、フェミニンなレースのキャミソールにマニッシュなワイドパンツを合わせたスタイルや、透ける異素材レースを重ねたワンピーススタイルを採用。DRIES VAN NOTEN(ドリス・ヴァン・ノッテン)は、サイケデリックな柄トップスにビビッドカラーのブラジャーを重ねる斬新スタイルで注目を集めました。その他にも、CELINE(セリーヌ)、SAINT LAURENT(サンローラン)、BALENCIAGA(バレンシアガ)、CHLOE(クロエ)など数々のブランドが、2016年の春夏コレクションでランジェリーライクなアイテムを採用しています。

フェミニンなシフォンやレースが見逃せない!

ドレスランジェリーライクなシフォントップをマニッシュなワイドパンツに合わせたり、スポーティーなシャツにエレガントなレーススリップを組み合わせたり、ちょっとだけ「はずし」の要素を取り入れるのが、ランジェリースタイルを楽しむコツ。今季とくに注目されているのは、シフォンとレース。どちらも今季流行のランジェリースタイルに欠かせないマテリアルです。旧来の女性像と新しい女性像をミックスした大胆なフェミニティ。それを表現するために、春風をまとうようにふんわり軽やかなシフォンは、女らしさを表現するに相応しく、その繊細さからは想像できないほど存在感を放つレースは、凛とした女性像にぴったり当てはまります。

ランジェリーは男性を官能的に誘惑するためのものだけではなく、女性であることを楽しむために欠かせないもの。ランジェリー好きの女性にとってはごく当たり前の考え方も、世間一般ではまだそれほど当たり前ではありません。下着としてのランジェリーを人に見せるのは恥ずかしいもの、性的な趣向品だと考える人はたくさんいます。ランジェリースタイルの流行は、そんな先入観を打破するきっかけになるかもしれません。

洋服は買ったらすぐに自慢できるけど、ランジェリーは永遠に自分だけの楽しみ―。そんな時代はもう終わろうとしています。これからは、ランジェリーも「隠す」から「見せる」時代。可愛いと思ったら、ファッションに取り入れて堂々と自慢しましょう。「そのスリップ可愛い!どこで買ったの?!」と友人たちから質問攻めにされるかもしれないことも覚悟しておきましょう。

春になったらすぐ使える!旬スタイルのランジェリー

クローゼットにあるお気に入りのランジェリーを思い浮かべながら、どんなランジェリースタイルを楽しもうかとワクワクしている女性も多いと思います。ファッションに活用できそうなランジェリーを持っていない場合は、この春に向けて新しく購入するのも良いですね。ここからは、シフォンやレース素材のアイテムをはじめ、見せブラやランジェリードレスなど、ランジェリースタイルに活用できそうなランジェリーをご紹介いたします。アウターとしてではなく普通にインナーとしても使えるので、持っていても損はないはず。この春夏はぜひ旬なランジェリースタイルを楽しみましょう!

< シフォンスタイル >

< レーススタイル >

< ブラ見せスタイル >

< ランジェリードレス >

ややハードルが高いランジェリースタイルも、上手く活用すれば意外と簡単にトライできます。この春は、自分らしい自由なランジェリーファッション楽しんでくださいね。