Style

ランジェリーをあなたの日常スタイルに
その道のプロから学ぶスタイルコラム

Lingerie Producer

女性性が満たされるランジェリー

ランジェリープロデューサー/SATOMI

女性性を開花させるSAKUYA Lingerie

今年誕生したばかりのSAKUYA LingerieをプロデュースしていますSATOMIです。 このコラムでは、SAKUYA Lingerie誕生のきっかけからランジェリーに対する想いまでを綴っていきます。

私がランジェリーに携わっている理由は、ランジェリーとは、これからの時代を生きる女性たちをサポートするためのツールだと思っているからです。

私は十数年前に初めて出産授乳を経験し、3人の男の子を育ててきました。 2年間×3人、30代のうちに計6年間程母乳を出し続けたわけです。そして私の中で一番衝撃だったのが、産婦人科でも育児雑誌でも子育てサイトでも、母乳のためのおっぱいケアについてはたくさん情報があるのに、「卒乳後のおっぱい」に関する情報の少ないこと。 当然、三男の卒乳後の無残な我がおっぱいに愕然とするわけです。そこから諦めるべきなのかどうなのかすら情報がない中、誰にも相談もできず、時間とお金と肉体を使ってあらゆるものを試してきました。

結論から言いますと「何歳からでも女性の身体は変わります」。 そのことを確信してから、東京、大阪、パリでサロン研修を受け、フィッティングとデザインを学びました。その中で、1日のうち長時間身につける「ランジェリー」が、かなり重要な意味を持つことに気付きました。

さらに、身体への影響は当然ですが、メンタル面での影響がとても大きいこともランジェリーの魅力です。誰にでも見せるわけではないランジェリーだからこそ、手を掛け、気持ちを向けることで、自分という存在へ目を向け、自身の身体への特別感が増します。そのことで根拠のない自信が生まれ、自己肯定感が満たされるのです。結婚したから、子供産んだから、とよく耳にしますが、当然その瞬間に性別がなくなるわけでなく、死ぬまで一生「女」なのです。一度この世に生を受けたからには、生涯を終える日まで「女」であることに誇りを持ち、味わい尽くすことが、生命への敬意だと思うのです。

SATOMI・女性性を開花させるSAKUYA Lingerie

恋愛に仕事に、子育てに家事に忙しい女性たち。 私がまさにそうだったのですが、自分のことは後回しにしがちです。だからせめて、見えない部分だけでも、自分が心地よく、自分が欲するもの、身体が喜ぶものを選んで身につけて、心と身体を満たしてあげて欲しいというのが、私の切なる想いです。

これからの時代、女性たちのスキル、才能、叡智がますます必要となってきます。 ますます世界で活躍される女性たちが増えることと思います。そんな彼女たちへ、応援の意を込めて、少しでも心の機微に寄り添いたい想いで、「ランジェリー」というツールを生み続けたいのです。 それが私なりの世の中への恩返し、使命だと思っています。

SATOMI

Lingerie Producer

ランジェリープロデューサー/SATOMI

SAKUYA Lingerie代表

15歳、12歳、10歳の息子達と共にタイ在住6年。 自身の出産授乳を経て、卒乳後のバストの変化にあまりにショックを受け、 時間とお金をかけ、トレーニング、エステ、下着とあらゆるものを試しました。

タイに事業と教育、生活拠点を移すため移住後、別居離婚を経て、 本格的に東京大阪パリでバストケア、フィッティング、 ランジェリーデザインを学び、2019年機能性とデザイン、 素材に特化したSAKUYA Lingerieをリリース。 ランジェリーは、人生の最後まで「女性性」を享受するためのツールです。 女性が女性のまま世界で活躍できる世の中であることを心から願い、 その一端でも担えたら嬉しいです。

SAKUYA Lingerie代表
Lingerie Producer SATOMI

SAKUYA Lingerieは1000人以上のフィッティングとカウンセリングから生まれた、リアルな女性性に向き合って生まれたアイテムです。機能性とデザインと素材にこだわり続け、女性のわがままを最大限に受け入れることがSAKUYAの美学なのです。

SAKUYA Lingerie 公式サイト
SAKUYA Lingerie インスタグラム

各分野で活躍する方々に登場していたたきランジェリーや女性の美、最新の ファッションやコーディネイトに関する情報を発信していただく最新コラムです。

その他のコラムも読む

©2018 SPLASH.全ての文章は著作権で守られています。無断転載・無断使用、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。