Style

ランジェリーをあなたの日常スタイルに
その道のプロから学ぶスタイルコラム

LiengeriePhoto producer

女性の自尊心を高める《ランジェリーフォト》 JEWEL IN ME project

ランジェリーフォトプロデューサー Ayumi Seike

『今この瞬間のわたしを表現するランジェリー』

こんにちは。ランジェリーフォトプロデューサーの清家あゆみです。
このコラムでは《ランジェリーフォト》について書いています。

今回は、ランジェリーフォトにご参加いただいた複数のお客様からの生の声をもとに書いていきます。

ランジェリーフォトをはじめるきっかけとなった私自身の撮影の時に『自分に惚れる』という言葉が浮かびました。誰かに認めてほしい、可愛いって言われたい、その前にまずじぶんで自分に惚れる。撮った写真をほとんどの方が公開しないからこそ、どれだけ『自分』にフォーカスできるのかを大切にできます。

ランジェリーって不思議なんですが、洋服を着てる時とは違う表情や雰囲気を醸し出してくれるんです。それは、以前にも書いたようにランジェリーが素肌に触れているからであり、素肌に纏うものは女性の中にあるもっとも美しいものを引き出してくれます。

ここからは、これまでランジェリーフォトに参加してくださった30代から50代の女性から終了後にいただいた生の声をご紹介していきます。

ランジェリーフォトプロデューサー Ayumi Seike・それぞれに生まれる『自分に惚れる』ストーリー

「最初は年齢的に厳しいのでは?と正直不安でした。でも友人から「今が一番若く美しい時なんだよ」という言葉に背中を押され、思い切って申し込みました。「今」きれいな自分を写真に残せてよかったです」(40代T様)

「どのような気持ち・どんな自分を見せてくれる世界なのかと思っていました。以前に別の撮影をしたときに気持ちいい感じがしなくてもう一度挑戦したいと思って申し込みました。メイクでいつもと違う自分に出会え、トークも雰囲気も最初から最後まで楽しかったです。きれいな私に出会えました。」(30代R様)

「こんなわたしでも撮ってもらって大丈夫かな?と不安でいっぱいでした。でも、ランジェリーが好きだから記念になるかなと思いました。当日までに体を絞りたくてジムにも通ったし食事も気を付けられて、そういう自分と向き合い一歩踏み出すきっかけになりました。当日はメイクやボディメイクをすっごくきれいにしてもらって、撮影の時も可愛いって言ってもらえて、「私可愛い?」と思わせてもらえました。実際の写真を見て素直に「私可愛いい?」と思うことができました。」(30代N様)

当日までにランジェリーを買ったり、体調不良に悩まされたり、ジムに行ったり、やっぱりやめようかなと思ったり・・・当日までLINEで本当にいろんなやり取りをしました。そして、ついにランジェリーというアイテムを纏って素肌に近い自分でカメラの前に立ち映し出された写真。「私、可愛い?」そう思えたのは、まぎれもない自分自身。

「自分に惚れる」ための第一歩。その一歩を踏み出すのは、勇気というよりも自分への許可かもしれません。あなたも一歩を踏み出してみませんか?

Ayumi Seike

LiengeriePhoto producer

ランジェリーフォトプロデューサー Ayumi Seike

Ayumi Seike

ランジェリーフォトプロデューサー/バストスタイリスト

2016年、自身の経験をもとに10年以上の研究を重ね生み出したオリジナルメソッド「おっぱい革命」をスタート。
2018年8月より一般の女性がモデルになれる企画《ランジェリーフォト(商標出願中)》をプロデュース。

現在は全国各地でバストのセルフケアのレクチャーやランジェリーショッピング同行、アドバイザーの育成、ピンクリボンの活動等も行っている。

ランジェリーフォトプロデューサー/バストスタイリスト
Ayumi Seike

お仕事のご依頼・お問い合わせは下記HP内のお問い合わせフォームからお願いします。

Ayustyle HP
ランジェリーフォトHP

各分野で活躍する方々に登場していたたきランジェリーや女性の美、最新の ファッションやコーディネイトに関する情報を発信していただく最新コラムです。

その他のコラムも読む

c2018 SPLASH.全ての文章は著作権で守られています。無断転載・無断使用、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。