Style

ランジェリーをあなたの日常スタイルに その道のプロから学ぶスタイルコラム

堺玲子 女性の感情を写しだす・ポーランド写真家エリザ ― Interview with Eliza

Poland & Liengerie

ポーランドとランジェリー モノ、ヒト、コト

堺玲子

女性の感情を写しだす・ポーランド写真家エリザ ― Interview with Eliza

こんにちは! ポーランドのワルシャワからお届けしています。

今回は”女性は常にインスピレーションの源”と語る、ワルシャワ在住の女性写真家エリザ・クラコヴカ(Eliza Krakówka)を紹介したい。

エリザの経歴はとてもユニーク。全ては音楽とダンスからはじまっている。2000年代の初期、ポーランドで最初の女性DJだった彼女は、ポーランドのクラブシーンをクリエイトしてきた一人でもある。音楽とダンスパフォーマンスを愛し、自らダンスを基礎から学び、ダンサーたちと多くの時間を過ごしていく。いつしかダンサーや女性を被写体に撮影していくことが情熱となり、写真を撮ることに魅了されていく。ダンス財団ワルシャワダンス部門にてダンサーを撮影したりフィルムを製作を手掛けていくなかで、写真家としての活動も2012年ごろから開始。女性コンテンポラリーダンスを通して、「自己認識」と「動き」を学び、<身体・動き・感情>を写真で表現していくことになる。

堺玲子 女性の感情を写しだす・ポーランド写真家エリザ ― Interview with Eliza
©Eliza Krakówka


「わたしはダンサーと仕事をするなかで、身体と感情には特別な関係があることを発見したの。だから写真と撮る時には常に身体の動きと感情に焦点をあてている。知っておいてもらいたいのは、わたしはポーランド=カトリック教会が強く影響されている国の出身であるということ。身体を自由に表現することは、恥ずかしさと罪悪感を少なからず生み出す社会において、多くの人々はありのままの自分の身体を聞き取ることができないの。身体を自由に操りながら、喜びに魅了される国際的なダンサー達と過ごすなかで、身体の動きはあらゆる感情を表現する道具でもあるということ、このコミュニケーションの形には終わりがないということを示してくれた」

堺玲子 女性の感情を写しだす・ポーランド写真家エリザ ― Interview with Eliza
©Eliza Krakówka
(写真左)写真家のエリザ・クラコヴカ(Eliza Krakówka)photo by Aga Bliska
(写真右)エリザもサポートする、女性の人権を訴える「黒い抗議(ブラック・プロテスト)」では何十万人ものポーランド人女性が集まった。©Eliza Krakówka


「女性を撮りながら伝えたいのは、自分の身体をポジティブに捉えるということ。身体のコンプレックスは魅力に変えていくことができる。ストレッチマークも隠さない、大好きよ」

エリザが選ぶほとんどの被写体は女性だ。「そうね、わたし自身も女性だから、彼女たちの感覚を自然に理解することができるって感じる。女性の内面って、複雑にレイヤーが重なりあっているでしょう。時には官能的だったり、セクシャリティな気持ちとか。思いもよらない感情が湧き上がる時もある。セッション中にそんな感情が溢れる瞬間はとても特別に感じることができる。撮影中にはたくさんの事を語りあうわ。そして、いつも被写体が自然でいられるように、心地よくて安心できる空間作りを大切にしているの」

堺玲子 女性の感情を写しだす・ポーランド写真家エリザ ― Interview with Eliza
©Eliza Krakówka


彼女の被写体とおなじように、現代的でアクティブな力強さのなかにフェミニンな表情を隙間見せるエリザはとても自然体だ。小学生の二人の娘を持つ母親でもある彼女は、休日には美術館やギャラリーにでかけたり、子供たちとの時間も大切にしている。女性の内なる感情を垣間魅せるポートレート、力強い女性のエネルギーを彼女の写真から感じてみて。

エリザのおすすめ ワルシャワガイド

「ワルシャワを訪れる絶好の季節は夏。夏の間には、たくさんの新しいオープンエアのバーやカフェがオープンして街が生きているって感じるの」エリザが行きつけのカフェやおすすめのお店を教えてくれた。ワルシャワに訪れたらぜひ立ち寄ってみて。

カフェ<Między Nami>
ギャラリー付きのMiędzy Namiはとても大好きなカフェ。ワルシャワ市内ではもっとも古くからポーランドアーティスト達が集まる場所。
http://www.miedzynamicafe.com

現代アートセンター<Ujazdowski Castle Centre for Contemporary Art>
自宅から歩いていける、現代アートセンターはお気に入りの場所。展示会をみるだけでなくて、ふらりと訪れて座って、食べたり、気軽に訪れることができる素敵な空間。
https://u-jazdowski.pl/en/

● ナイトクラブ
Jasna 1https://www.facebook.com/JasnaJeden/
Smolna (https://www.smolna38.com/pl)

● バー
Plan b (http://www.planbe.pl/)


エリザ・クラコヴカ(Eliza Krakówka)
http://www.elizakrakowka.com

続きを読む

Reiko Sakai

ランジェリーエディター 堺玲子

堺玲子

桑沢デザイン研究所卒業。1997年より出版社にてカルチャー誌、時計専門誌の雑誌編集に従事、2004年WEB編集者に転身。女性向けライフスタイル を発信するWEBマガジンを立ち上げ編集長を勤める。2012年よりワルシャワに移住。 2014年よりポーランドのデザイン・アート・ライフスタイルを発信するウェブサイトZ POLSKI (ズ ポルスキ)主宰

Z POLSKI
ズ ポルスキ

ポーランドのアート・カルチャーを紹介するサイト。ポーランド国内のデザイン・プロダクト事情や既存のガイドブックにはない情報を発信。現地クリエイターと連携した撮影・コーディネイト、ポーランドの新しい魅力を日本へ届けるイベント「Found New Polska」の企画・開催も行う。

Z POLSKI(ズ ポルスキ)

ランジェリーをあなたの日常スタイルに

その道のプロから学ぶスタイルコラム

その他のコラムも読む

©2018 SPLASH.全ての文章は著作権で守られています。無断転載・無断使用、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。