Style

ランジェリーをあなたの日常スタイルに その道のプロから学ぶスタイルコラム

ランジェリスタmiya

Lingerista

ランジェリスタの語ろうランジェリー

ランジェリスタとは

Lingerista ランジェリスタとは、ランジェリー通販ショップ SPLASH が名付けた造語で「ランジェリーをこよなく愛する女性」の総称。ランジェリーの購入金額や購入頻度とは関係がなく「ランジェリー好きを自覚している人」のことを指す。類似語としてランジェリーマニアがある。
ランジェリスタmiya

私が私であるために。ランジェリーは「心の解放」

私は子どもの頃から今思えば「良い子」の仮面をかぶって生きてきた。当時はそんな気は一切なかったが、常に良い子じゃなきゃいけない。正しくなきゃいけない。優秀じゃなきゃいけない。真っ当じゃなきゃいけない。今思えば、病的なほどそう思って生きていた。それは、複雑な環境に置かれていた為だろう。自分の本当の感情があり、それを抑圧していることにも気付かず。"こうあるべきだ"を自分の意思だと思って生きてきた。自分の感情を抑圧していたことに気づいたのは、大人になり自分が一度崩壊してからだ。

大人になり、一度壊れた私は何年もかかったが、弱い自分も格好悪い自分も晒け出せるようになった。自分の感情を大切に出来るようになった。だがしかし、豊か過ぎる感受性が、無意識レベルで人の為に尽くしてしまう性分が、他人の傷みを自分の体の一部を削られたかのように傷みを感じてしまう刺激を受けやすい心が、今でも私の心を蝕む。首を絞める。複雑な環境に置かれているため、そこから立ち退くことも出来ない。ど真ん中にいるのだ。

そんな抑圧された苦しい環境の中で、唯一、今の自分のありのままの気持ちに正直に、好きな時に好きなものだけを、自分の好きにわがまま出来るのが、甘えられるのが唯一ランジェリーだった。私にとっては、お薬や、パワーアイテム、魔法、セラピーのようでもある。

ランジェリスタmiya

私がランジェリーに魅せられたのは、中学生の頃。姉が持っていたピンクの美しいレースがあしらわれたブラジャーを目にし、その美しさに心奪われた。シスコンだったこともあり、早速姉のカタログからTバックを注文し、優等生の中学生がコッソリ、制服の下ではTバックを履いていた。そこから、私はランジェリーに惹かれに惹かれ虜になった。こっそり履いてみたことがきっかけだった。これまでに味わったことのないような高揚感とワクワク感に心が躍った。それ以来、私は下着をこよなく愛するようになった。大学生の頃にはクローゼットが洋服ではなくランジェリーで占領されるほどに。卒業論文も下着について書いた。

私がこれほどにもランジェリーが好きな理由。それは、私を自由にしてくれる存在だから。 ランジェリーだけは、外がどんな状況であっても、その時の自分の気持ちに真っ直ぐ惹かれるものを選び、身に付けられる。我慢も窮屈さも一つもなく、あるのは、高揚感や、安心感、自信、幸福感。自分の気持ちにしっくりとくるのだ。嫌な事を忘れるのは苦手で、昔は趣味が少ない人間だったが、ランジェリーを選んでいる時間は嫌なこともすーーーっかり忘れられた。本当は誰かに甘えたいし、背中に背負った重たすぎる荷物をおろしたい。だけど、現実には不可能だ。そんな日々の息苦しさから、ランジェリーが私を救ってくれる。

目には見えないけれど、ランジェリーはものすごい力を秘めていると思う。ランジェリーにはいろんな要素があるが、私にとっては誰かに見せるためのものというよりは、自分のためのものである。大袈裟かもしれないが、私にとっては私が私として生きるために必要なもの。いつもそばにいてくれる人生のパートナー。これまでの人生が刻まれた自分の肉体を、愛おしく思わせてくれる。

私にとってのランジェリーとは、心の解放。私を自由にしてくれるかけがえのないもの。私が私らしく生きるための投資は惜しまずに、これからも愛するランジェリーとの出会いを大切にし、ランジェリーと共に生きていきたいと思う。

続きを読む

Lingerista 003 MIYA

お気に入りランジェリー紹介

1.ナオランジェリー・PURE AND CLEAN HEART

ランジェリスタ MIYA お気に入りランジェリー

ナオランジェリーの、女性の体も心も尊重して、細部まで思いやりの込められたアイテムの付け心地の良さ、ランジェリー一つ一つに込められた女性へのメッセージ、一人一人の体だけでなく今の状況に合わせてフィッティングし、合わせてくださる まるでパワーストーンならぬ、パワーランジェリーのように感じています。

2.エクサブラドゥ・ モダンアッシュ

ランジェリスタ MIYA お気に入りランジェリー

私の補正下着の今までのイメージを覆したブラ! 華やかで大人の落ち着きもあるラグジュアリーな美しさに魅了された。 エレガントな気持ちになれるのに、なんと、着けているだけで大胸筋を刺激してくれ、つけているだけでエクササイズしてくれるブラ。私の脇に流れやすいお胸のお肉をサポートしてくれ、バストケアもしてくれる、現在の私の心強い味方です。

3.Wacoal・サルート

ランジェリスタ MIYA お気に入りランジェリー

身に纏った鏡の中の自分の姿を見て、まるでドレスを着ているお姫様のようで、普段よりずっと美しく、品のある鏡の中の姿に感動を覚えた。" こんな下着に見合う女性になろう"と女性としての決意をさせてくれたランジェリー 。

ランジェリスタ MIYA

大学卒業後、キャリアウーマンに憧れ、大手金融機関で営業を満喫。その後、自身のお客様への思いをパフォーマンスで様々な形で表現できる点に惹かれ、イベントコンパニオンとして活動。指名No.1として活躍。
並行して、自身のイベントコンパニオンとしての集大成として、業界革命をすべく、企画、育成、キャスティングなどアドバイザーとして活動し、コンパニオン業界を引退。 30歳にして、やっと自分だけの空間を得て、今はゆったりと生きている。 こよなく愛するランジェリーや美容に携わって生きていけたらなと今後を展望している

コスメやランジェリー、ランジェリーフォトなど 大好きな美容・ランジェリー中心に気ままにアップしています。

MIYA Instagram

ランジェリスタ募集のお知らせ

SPLASHでは「ランジェリスタの語ろうランジェリー」に出ていただける「ランジェリスタ」の方を募集しています。ランジェリーについて人よりも自慢できる物をもっていたり、こだわりがあったりと何でも構いません。掲載された場合はSPALSHより掲載謝礼をお渡ししています。ご応募をお待ちしております。

応募頂いた場合は弊社にて選考の上、決定いたします。

ランジェリスタに応募

ランジェリーをあなたの日常スタイルに

その道のプロから学ぶスタイルコラム

その他のコラムも読む

©2018 SPLASH.全ての文章は著作権で守られています。無断転載・無断使用、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。