Style

ランジェリーをあなたの日常スタイルに その道のプロから学ぶスタイルコラム

堺玲子・ポーランドとランジェリー モノ、ヒト、コト

Poland & Liengerie

ポーランドとランジェリー モノ、ヒト、コト

堺玲子

手軽にオーダーメイド。 創業28年、<ハンナのお店(Sklep Hanna)>

こんにちは。ポーランドのワルシャワからお届けしています。
扉を開けたとたんに彼女は一声「あらまあ、まったくあってない下着をつけてるわね」。 10月のワルシャワは一気に気温が下がり冬の訪れを感じていた頃で、わたしは既にコートを着込んでました。コートを着ていても、どんな下着をつけているのかわかるの? その後は、まるで催眠術にかけられたように、試着室へと駆け込むことになりました。

堺玲子・ポーランドとランジェリー モノ、ヒト、コト
■10月のポーランドは黄金の秋とよばれて通りはまるで黄色の絨毯のよう。ここは、ハンナのお店があるところから歩いて10分ほどの市内の公園通り。

ここはワルシャワ中心地の中央区の裏路地にある小さな下着屋さん、その名も<ハンナのお店(Sklep Hanna)>。このショップではハンナさんがセレクトした既成ブランドのブラジャーを一人ひとりにあうようにサイズを細かく調整しオーダーメイド感覚のブラジャーを提供しているお店です。

教えてくれたのは、ワルシャワ在住のピラティスインストラクターの日本人女性。彼女は長年、バレエダンサーとして北欧の国立バレエ団でも活躍していましたが、現在はバレエやピラティスを指導している方です。仕事柄、姿勢や動作がしなやかで、スタイルがいいのはもちろんなのですが、とても綺麗にフィットした下着をつけているなと思い尋ねてみたのがきっかけです。彼女曰く、「とても心地よくて、ここ数年はずっとこのお店で購入しているの」。

堺玲子・ポーランドとランジェリー モノ、ヒト、コト
■<ハンナのお店(Sklep Hanna)>のオーナーのハンナさん。 ブラジャーは210zl (約6318円 / 2018年10月時点)〜。お直しは、プラス50zl(約1504円 / / 2018年10月時点)

<ハンナのお店(Sklep Hanna)>は創業28年。ちょうどポーランドでの共産主義時代が終わった直後に事業をはじめたことになります。当時、ハンナさんは医療関係の仕事をしているなか、多くの乳がん患者と出会います。そうした患者さんと接しているうちに、自分に合ったブラジャーを使うことの大切さを実感するようになります。その頃のポーランドでは質のいい下着が手に入らなかったため、ブラジャーは海外から輸入し下着会社の人たちと協力しながら、正しいブラジャーのサイズの合わせ方や付け方などの教育・指導にも励んできました。

サイズを合わせるときに、最も大切なことは「とにかく、カップを自分の乳房にふんわりとフィットさせること(カパカパと浮かないように、そして締め付けてもいけない)、カップサイズとアンダーサイズをきちんと合わせること」とハンナさん。

同じバストのサイズでも、バストの形や位置、また左右の大きさが微妙に違ったりと千差万別です。また、年齢を重ねるごとに体型だって変わるので、ずっと同じサイズというわけではありませんし、ブランドやデザインのタイプによってもサイズが変わったりします。また、ほとんどの女性が自分のサイズはコレ、と決めつけていることも多いそうです。かくいう私も、サイズは”75B”と思っていましたが、ハンナさんのお店で渡されたブラジャーは”70E”でした。基本となるブラジャーをハンナさんがフィッティング、アンダーラインの位置やストラップの長さ、2つのカップが繋がっている真ん中の部分をつまみながら調整していきます。お直しが出来上がるのは約2日後。その時には、正しい付け方や洗い方まで指導してくれます。

きちんと自分に合ったブラジャーを身につけていると、スタイルを綺麗にみせてくれるだけでなく、バストにもハリや肌につやもでてくるそう。効果が実感できるのは、1週間後からわかるとのことで、3、4週間後には胸の形や大きさにも変化が現れるようです。 「もっともっと、みんなバストのことを思いやってほしいの」とハンナさん。自分のバストについて、今一度考えてみるきっかけにもなる<ハンナのお店(Sklep Hanna)>。ワルシャワに訪れる機会があれば、ぜひ一度足を運んでみてください。

Sklep Hanna ハンナのお店
住所 ul. Smolna 13, Warsaw, Poland
営業時間:平日11:00-18:00/土曜日10:00-14:00

Sklep Hanna
続きを読む

Reiko Sakai

ランジェリーエディター 堺玲子

堺玲子

桑沢デザイン研究所卒業。1997年より出版社にてカルチャー誌、時計専門誌の雑誌編集に従事、2004年WEB編集者に転身。女性向けライフスタイル を発信するWEBマガジンを立ち上げ編集長を勤める。2012年よりワルシャワに移住。 2014年よりポーランドのデザイン・アート・ライフスタイルを発信するウェブサイトZ POLSKI (ズ ポルスキ)主宰

Z POLSKI
ズ ポルスキ

ポーランドのアート・カルチャーを紹介するサイト。ポーランド国内のデザイン・プロダクト事情や既存のガイドブックにはない情報を発信。現地クリエイターと連携した撮影・コーディネイト、ポーランドの新しい魅力を日本へ届けるイベント「Found New Polska」の企画・開催も行う。

Z POLSKI(ズ ポルスキ)

ランジェリーをあなたの日常スタイルに

その道のプロから学ぶスタイルコラム

その他のコラムも読む

©2018 SPLASH.全ての文章は著作権で守られています。無断転載・無断使用、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。