Book & Cinema

「本と映画」をテーマにするマガジン

Book & Cinema Archive Magazine

アルドナ -ソネット-

今回はポーランド出身の女性がヴォーカルのグループ「アルドナ」の4作目となるCD『ソネット』をご紹介します。

ヴォーカルの女性の名前は、アルドナ・ノヴォヴィエイスカ。ポーランドの共産主義が崩壊してまもなくパリへ移住し、歌手としての活動を始めました。当初はソロとして活動していましたが、後にアルドナというグループを結成し、1999年にはファーストアルバムを発表しました。アルドナが歌うのは主にシャンソン。彼女の透明感ある歌声はシャンソンの本場フランスでも喝采を浴びるほどで、メランコリックな響きは優しく耳に響き渡ります。彼女以外のグループ編成は、バンジョウ/マンドリン、ダブルベース、クラリネット/サックス、というノスタルジックな編成。

のんびりとした大自然を思い起こさせるようなゆったりテンポの曲が多く、どこか懐かしさを感じさせてくれます。わかりやすく言うと、パリの雑貨屋さんでかかっていそうな感じの曲が多いです。ぜひ、休日の昼下がりに、陽の当たる窓辺でティーカップを片手に、このアルドナのCDを聞いてみてください。きっとパリの下町のカフェにいるような気分になりますよ。

続きを読む

Sonnet アルドナ(aidoma)

タイトル      Tソネット
アーティスト   アルドナ
ジャンル     シャンソン・フォーク・ジャズ
形式        CD

公式サイト    http://www.aldona.org/