Book & Cinema

SPLASH 「本と映画」をテーマにするマガジン

Book & Cinema Archive Magazine

しずくのぼうけん 世界傑作絵本シリーズ ~ポーランドの絵本~

今回ご紹介する『しずくのぼうけん』は、ポーランド人の作家による有名な絵本です。今から40年以上も前に書かれたもので、日本でもかなり昔から販売されていたようなので、子供のころに読んでいた!という人もいるかもしれませんね。

タイトルの通り、主役のしずく君が冒険をするお話なのですが、単なる冒険ストーリーではありません。しずく君は「自らの意志」で冒険をするのではなく、「自然の摂理」によって冒険をさせられます。暖かい日には蒸発して空に上り、しばらくすると雨になって空から落ちる。冬が来ると氷になって固まり、春が来ると、また冒険の旅に出る―。私たちが普段使っている「水」が、どこでどうやって生まれて、どこに行くのか?という「水の循環の仕組み」を、しずく君の冒険を通じて学ぶことができる、学べる絵本なのです。

ストーリーと文章はすべて「しずく君の目線」で書かれているので、読み手はしずく君になった気持ちで、ドキドキ、ワクワクしながら読み進めることができます。大人たちがいくら「水を大切にしなさい」と言っても、まだ自然界の仕組みを知らない子どもたちには「なぜ大切にしなければならないのか?」がピンときません。そんな時は、是非この絵本を読んで聞かせてあげてください。自然界の環境の変化によって水がどう変化するのか?ということを知ることで、子どもたちは水に対して興味を持つことでしょう。そして、水を大切にしようと思う気持ちが芽生えるはずです。

一度読めば、この本が40年以上も愛され続けている理由がよくわかります。楽しみながら学べる、素晴らしい絵本。お子様へのプレゼントにも最適です。大人が読んでも十分に楽しめるので、買って損はないと思います。

続きを読む

しずくのぼうけん 世界傑作絵本シリーズ~ポーランドの絵本

出版 福音館書店
作者 マリア・テルリコフスカ
絵 ボフタン・ブテンコ
翻訳 うちだりさこ
発行 1969年
形式 絵本