Style

ランジェリーをあなたの日常スタイルに
その道のプロから学ぶスタイルコラム

Lingerie Stylist

パリジェンヌに学ぶランジェリーセンス

ランジェリースタイリスト REINA

ショーツが主役のランジェリーコーデ

こんにちは。ランジェリースタイリストのREINAです。
このコラムでは、「ランジェリーとは生き方そのもの」という価値観を持つフランス女性たちのエッセンスを取り入れて、じぶんらしく生きることとランジェリーの密接した関係をお伝えしていきます。

7回目の今日のテーマは「ショーツが主役のランジェリーコーデ」です。最近ではブラとショーツを“あえて”揃えないことがトレンドのひとつであることはご存知でしょうか!?
STYLEコラムの読者のみなさまは、ランジェリーを楽しんでいらっしゃる方ばかりだと思うので、すでにご自分らしくブラとショーツをコーディネートしていらっしゃるかもしれませんが、今日はブラとショーツを既存のセット展開以外で楽しむコツをお伝えしたいと思います!

ランジェリースタイリスト REINA・ショーツが主役のランジェリーコーデ

ブラとショーツ、あえて外してコーディネートするときのコツはズバリ!「ショーツを主役にすること」です。その理由は、ブラよりもショーツのほうが“譲れないポイント”をお持ちの方が実は多いからです。
これは、お客様たちとこれまで接してきた中で気づいたことでした。

「ショーツはタンガしか履かないんです」
「ショーツは絶対にウエストまであるものがいいんです」
「ショーツは綿素材のじゃないと落ち着かないんです」

「ショーツは…」と、こだわりや定番がみなさんけっこうハッキリとおありなんです。そこでオススメしたいのは、こだわりを満たすショーツを主役に次の5つのルールでそのショーツに合うブラを見つけるランジェリーショッピング!

ランジェリースタイリスト REINA・ショーツが主役のランジェリーコーデ

ルール1「生地が同じものを組み合わせる」
ルール2「同系色を組み合わせる」
ルール3「反対色を組み合わせる」
ルール4「無地×大胆な柄物で合わせる」
ルール5「柄物と柄物を合わせる」

この5つのルールに共通することは、お洋服をコーディネートする時と同じということ。お洋服のコーディネートをするときの基本はこの5つのルールのなかにありますよね。

それをブラとショーツの場合でも“コーディーネート”と捉えて選んでみることです。 そうすることで、いま引き出しの中にあるブラやショーツを「今日はどんなコーディネートにしてみよう!?」と考えるようになるのです。自分がどんなブラやショーツを持っているのかにもっと目が行くようになると、いざランジェリーのお買い物に出かけたときに「何を買ったらいいんだろう!?」と迷子にならずに楽しむことができます。 カラーもデザインも、たくさんの展開があるランジェリーに囲まれると、迷ってしまうこともありますが、コーディーネートをするような感覚でブラやショーツを集めていくと「今日の目的はコレ!」と定まってくるので、その中からあなたのランジェリーワードローブをさらに満たしてくれるアイテムを連れて帰りましょう♡

REINA パリジェンヌに学ぶランジェリーセンス

REINA

Lingerie Stylist

20代初めにランジェリーの販売を経験後、セレクトショップを中心に10年以上アパレル業界で、店舗運営・販売を経験後、2018年ランジェリー業界に復帰。 現在は、下着選びと女性心理についてのランジェリー講座や「ランジェリーでなりたい自分になる」ランジェリーコンサルティングに従事しながら、POP UPイベントを開催。

各分野で活躍する方々に登場していたたきランジェリーや女性の美、最新の ファッションやコーディネイトに関する情報を発信していただく最新コラムです。

その他のコラムも読む

©2018 SPLASH.全ての文章は著作権で守られています。無断転載・無断使用、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。